投稿

寸法が合えばお買い得 祖霊舎・神前御簾

イメージ
神具 祖霊舎内御簾 麻房・金具付きhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000546/

おまかせ工房には既成寸法の祖霊舎用御簾、神前御簾があります。

縁はテトロン縁になり、正絹では作っていません。

ではこの横長の下がりの短い御簾はどこで使うのか? それは神道祭壇です。

おまかせ工房の神道祭壇の寸法に合わせています。


でも、寸法が合うようであれば別のところで使ってみてもいいでしょう。


押入れの上に掛けておきたい、神棚の棚板幕板に下げておきたいなど可能ですね。

箱宮に取り付けることもできますが、箱宮にはもう少し簡易的な御簾を取り付けます。

箱宮に取り付けてはいけないってことではなく、箱宮に取り付けるには竹ひごの太さが関係してきて、もっと細い箱宮用御簾のほうがしっくりくるからです。



サイズ下記の通り、9サイズ
【約幅72cm・下がり15cm】
【約幅68cm・下がり15cm】
【約幅65cm・下がり15cm】
【約幅63cm・下がり15cm】
【約幅60cm・下がり15cm】
【約幅54cm・下がり15cm】
【約幅43cm・下がり15cm】
【約幅54cm・下がり12cm】
【約幅43cm・下がり12cm】



こういう御簾も外国製がありますね。

御簾はアジア圏では使われる素材なので作っていても不思議じゃない。

せっかくですから日本製の方がいいように思います。




神具 祖霊舎内御簾 麻房・金具付き(サイズ各種あります) 【上品】
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000546/



興味のある方は是非ご覧ください。

役目はただひとつ 座敷すだれのためだけ 専用金具の魅力

イメージ
お座敷すだれの専用金具 http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

役目ってとても大事なことですよね。

あれにも使える、これにも使えるというのも売り文句になりますが、これだけのために使う、なんて言ったら、逆に売れない、売りづらい。


しかし、世の中には専用品というものがたくさんあります。


あなたのために・・・ためだけに・・・という一途な目的。


そう、、、、、お座敷すだれの金具がその一途な目的なわけですよ。



ただね、これがないと始まらないんです。


こんな金具を買わないで他のもんでいいよ、クギでも挿して引っ掛ければいいよ、なんて言わないで欲しい。

そんな無頓着な掛け方をするとカッコ悪くて見ていて腹が立つと思う。



専用品の魅力が詰まっている座敷すだれの金具です。

ただし、寸法次第で使うものが違うので、そこは選んでください。




お座敷すだれには専用の金具がよく似合う
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/






興味のある方は是非ご覧ください。

神棚で使うすだれ 扉御簾・箱宮御簾

イメージ
小さなすだれ 主に神棚で使いますhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000206/

今回は座敷すだれではありません、神前御簾でもありません。

ジャンルとしては神前になりますが、主に神棚に取り付けるための小さなすだれのご紹介です。


おまかせ工房ではいろいろなスダレを作っています。

このスダレは神棚の扉に取り付けてもらうためのすだれ。

サイズオーダーでも作れますが、事前に3サイズを用意していますので、これで合うことが多いです。










取り付け方法が簡単ですよ。

小クギは付属してあります。


ポイントは御札を入れる場所の幅で選ぶと良いという点ですね。



神棚で使うすだれ 扉御簾・箱宮御簾
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000206/




興味のある方は是非ご覧ください。

作った後に伸ばすことはできません お座敷すだれ

イメージ
サイズオーダー可能 お座敷すだれNo.4 http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000139/

気になったことがあるから店長ブログで書いておこうと思います。

おまかせ工房では座敷すだれ、神前御簾などを作っていますが、製作に取り掛かって直後であればサイズ変更ができる場合があります。

言い換えると、あるタイミングを過ぎてしまうとサイズ変更できません。


幅を広げる、縮める、、、下がりを伸ばす、短くする、、、、というサイズ変更。


ですので、おまかせ工房ではサイズオーダーの製品については、直接確認の電話をしています。



縮める、短くする・・・これはできる期間がやや長い、しかし、完成してしまうとできないこともありますね。

広げる、伸ばす・・・これは困難です、ほぼ無理。


サイズオーダーで注文したものをサイズ変更する場合には、新しく作るようなものです。






なんというか、こういう簾は足して作っていくものではなくて、一枚は一枚として作ります。

そのための加工、素材選びなども、一枚ずつ行う。

工業製品のように素材が山ほど積まれていて、そこから材料を取り出して作るような作り方はできませんね。

ですので、サイズ変更ってほとんど出来ないと考えていてください。

そのための確認連絡をしているわけです。




サイズオーダー可能 お座敷すだれNo.4
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000139/




興味のある方は是非ご覧ください。

チャコールブラインド 炭すだれでプライバシー対策

イメージ
黒いすだれの炭すだれ http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000355/

昨年あたりから在庫切れが近いですと言っていましたが、幅88cmのシリーズは完売となりました。

残るは幅176cmの一間サイズのみ。


扉二枚分ですね、マンションなどのベランダなどではちょうどいいサイズだと思います。


実に面白いすだれでして、日中に向こう側からこちら側が見えません。

黒いすだれ特有の効果なんですけどね。


単に黒いだけじゃない、、、、、そう炭の黒。


たぶん、そこがウケているんだと思います。


落ち着いている黒色というか。


透明樹脂の中に炭の微粉末を入れてあるので、炭ですね。




すだれの表面にも凹凸を付けてあるので、細い炭の棒を横に並べたようなすだれです。



現在のところ、幅176cm下がり135cm、幅176cms下がり170cmだけあります。



チャコールブラインド 炭すだれでプライバシー対策
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000355/




興味のある方は是非ご覧ください。

自作する人は必携 歓喜極まる 座敷すだれのパーツ

イメージ
座敷すだれの房と鈎と吊り下げ金具http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000548/

知り合いに座敷すだれの自作に挑戦している人がいて、定年後の楽しみでやってみているそうなんだけど、素人の手習い程度ですね。

おまかせ工房なら職人が作った素晴らしいものがいくらでも作れますが、一体、どうなるんでしょう?


話を聞くと、座敷すだれを作ると言っても、竹ひご製作っていうことですね。

竹ひご、経糸、縁の三点までを自分でやってみるということかな。

房、鈎、留め金具の金具類がないからこれだけは買ってくれた。


話を聞いていから一年ぐらい経っているんですけど、まぁ、楽しみでコツコツやっているんだなぁ~と思うわけです。





竹ひご作りはホームセンターで竹ひご製作金具みたいなものを買ってきてやったらしい。

ん~ その製作器具は座敷すだれじゃなくて、巻きす製作器じゃないのかな?




もうやりたいように思うがままをやってみたらいいんです。

時間がかかろうが出来上がりがどうであろうが、思う存分やってみる。

気持ちがいい。




座敷すだれの房と鈎と吊り下げ金具
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000548/




興味のある方は是非ご覧ください。

直射日光が強い場所にはNo.3の座敷すだれを使う

イメージ
陽射しの強い場所にかける座敷すだれhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/

西日が強い、直射日光が降り注ぐ・・・そんな場所で座敷すだれを掛けたいことがあります。

そもそもそのような環境の場合には、天津すだれもあるでしょうし、よしずを使うってこともあるわけですが、座敷すだれではないと雰囲気が壊れてしまう場所もありますね。


安いものを使う、でも座敷すだれを使いたい、、、、こんなとき。


他の座敷すだれを直射日光に当てておくともったいないと思うわけです。

どうしても片面だけ日焼けしてしまう。


ただ、座敷すだれを軒下に掛けても、雨の日には使わないでください。

座敷すだれは屋外用ではありません。

濡れなければ大丈夫です。




和室には雰囲気というものがあって、しばらく住んでいれば物を置いたり散らかったりと生活感が出てきてしまうわけですが、新築当時の和室の雰囲気を思い出してみてください。


綺麗だったんじゃないでしょうかね。

そんな場所には和室に合ったものを置いておきたいわけですよ。


だから、すだれ一枚だって何でもいい、どうでもいいってことはない。


西日が強い場所、直射日光の場所などに置くものはみんなダメになってしまう。

それでも良いものを使いたいわけです、和室だから。

部屋の雰囲気を壊さずに御簾を使う・・・・・そのとき最高です。




陽射しの強い場所にかける座敷すだれ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/





興味のある方は是非ご覧ください。